« 5月24-26日 ただいま夏前のおお片付け | トップページ | レースカーテンを洗いました 6月1日 »

2019/06/06

レースカーテンを洗いました 6月1日

全部洗いました。

 

関係ないけどここに 花菖蒲(ショウブ)の花は大輪で、紫以外にも白や黄色などの花を咲かせます。 いずれも花弁の根元の部分に黄色くて丸い斑点のような模様が付いているという特徴があります。花菖蒲の背丈は80cm~100cmです。 ショウブは水気の多い畑地でも栽培が可能ですが、一般的に菖蒲池で栽培されていることが多いです。 そのため、公園の池で咲いているものはほとんどがショウブです。 湿地帯または畑地に生えていて、背丈が1m近くになること、「花弁の根元に黄色い斑点」が付いていればショウブです。 アヤメの特徴 アヤメ アヤメは畑地で紫色の花を咲かせ、湿地帯では生えません。 ショウブも畑地でも栽培が可能ですが、池などで人工的に栽培される場合が多いです。 これに対してアヤメは乾いた畑地などで野生に生えている場合がほとんどです。 公園などの池で観賞用に栽培されることが多いショウブに対して、アヤメは野生で自生している場合が多いです。 アヤメの特徴ですが、花は小輪で、「花弁の根元の部分に網目状の模様」があります。 アヤメは背丈が低く、30cm~60cm程度です。 カキツバタ カキツバタは水辺などの湿地帯で花を咲かせ、畑地には生えていません。 必ず池などの水辺に生えています。 一見するとショウブとよく似ていますが、カキツバタの花は中輪で「花の根元に白い斑点模様」があるという特徴があります。 全体の背丈は50cm~70cmで、ショウブよりも低いです。 花の色は紫系統が多く、花弁の模様はショウブのように多くの種類はありません。

|

« 5月24-26日 ただいま夏前のおお片付け | トップページ | レースカーテンを洗いました 6月1日 »